商品の使い方

全商品に共通する使用、品質、保管上の注意

使用上の注意

  • 傷や発疹など、お肌に異常がある場合は使用しないでください。
  • 初めて使用する際は必ずパッチテストを行い、お肌に合わない場合はご使用を中止し専門医にご相談ください。特にアレルギー体質の方は、商品ごとに表示する成分を必ずご確認ください。
  • 使用中や使用後、お肌に発疹、発赤、かゆみ、刺激等の異常が現れた場合は使用を中止し専門医にご相談ください。
  • 使用量を守り、ご使用ください。
  • 使用量の目安には、個人差があります。調整してお使いください。
  • 目に入った場合は直ぐに水で洗い流して下さい。
  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • ハーブの成分を最大限に活かすため、乾燥させて入れた商品があります。使用時のお肌への接触、また排水時にはご注意ください。
  • お肌への負担を考え、防腐剤を極力少なく作っているため、ご購入後は速やかに使い切ってください。
  • 通院中で、ぬり薬などを処方されている場合は、併用について医師にご相談ください。
  • ルームフレグランスとして楽しむ場合は、商品の色素やオイル成分が付着することがありますので置き場所にご注意ください。
  • ラトビアの民間療法や個人の感想として、商品をご紹介する場合がございますが、感じる効果には個人差があります。
  • 自然成分を配合し、手作りしているため、商品の色や香りに差がある場合があります。
  • 商品によるトラブルに関しては一切の責任を負いかねますので、個人の責任においてご使用ください。

保管上の注意

  • 天然素材を含むため、デリケートな品質です。また、ラトビアの気候で手作りされているため、25度を超えると成分が変化する場合があります。開封時は高温多湿を避け、遮光冷暗所で保管ください。
  • 成分に植物オイルを含む商品は酸化が起きるため、開封後は密封保管し、できるだけ早めに使い切るようにしてください。酸化をできるだけ防ぐため、使用する分量以外は密封保管することをおすすめします。
  • 商品底のラベルのインクが付着することがあるため、保管場所にご注意ください。

ドライフラワー入りのギフトの取り扱い上の注意

  • ギフトに同梱されているドライフラワーは観賞用です。観賞用以外のご使用はお控えください。
  • 自然素材により、環境によって虫を寄せてしまうことがあります。

高保湿石けん

お肌に水分を残しながら、皮脂汚れをしっかり落とし、洗い上がりはさっぱり感としっとり感を同時に体感できる石けんです。ナチュラルメイクの場合、2度洗いでクレンジング石けんとしても使えます。
ラトビア・ヘイズの石けんは、すべてラトビアで手作りし、直輸入しています。極寒と乾燥の国では、肌を乾燥させずに洗うことが大切なため、植物オイルやバター、エキスなど保湿力の高い成分で作っています。また、泡が立ちにくいヨーロッパの硬水を基準に作っているため、日本の軟水で使用するとより一層泡立ちがよく、コクのあるクリーム状の泡が楽しめます。泡立てネットを使用するとさらに泡立ちます。キメ細かく弾力のある泡は、お肌に負担をかけず、優しく洗い上げます。動物実験は行っておりません。


ラトビア・ヘイズの石けんは、当店のオーナーが長年の経験で得たアイデア、成分、デザインをもとにラトビアで現地生産しています。ひとつひとつ手切りしているため、それぞれが持つ表情は個性豊かです。ラトビアの自然や文化、オーナー自身の体験などをバックストーリーとともにお楽しみください。気分に合わせて、季節に合わせて、時間帯に合わせて選ぶと、バスタイムがご自身だけの特別な空間に変わります。

ステンダースの石けんは、ラトビア発祥のブランド「ステンダース」で手作りされています。当店のオーナーがラトビア人よりギフトで受け取り、その素晴らしさを伝えたいと2007年日本初上陸させました。ラトビア本社での品ぞろえが変わる中、今も高保湿石けんの良さを日本で広めています。

<使い方>

  • 泡立てネットに水分を含ませ、石けんを2~3回こすり付け、泡から泡を作るように泡立てます。
  • 泡でなでるようにお肌を洗ってください。
  • タオルに石けんをこすり付けると、減りが早まるのでご注意ください。

<使用量の目安>

100g:洗顔 約3か月分、全身約1か月分(洗髪を除く)
 

<石けんシャンプーとして>

髪質に個人差があるため、石けんとの相性を確かめながらフレーバーをお選びください。
  1. 髪と頭皮の汚れをお湯で2分以上洗い流してください。
  2. 泡立てネットで立てた泡を、頭皮につけてマッサージしながら洗って下さい。
  3. 頭髪に石けんが残りやすいので、3分ほどお湯でよく洗い流してください。

※泡が立ちにくい原因

頭髪の皮脂汚れやシリコン剤が髪と頭皮に蓄積されている等により、泡立ちが弱いことがあります。
石けんを使う前にお湯でしっかりすすぎ、洗い流してください。
石けんシャンプーを続けると、泡立ちが改善され、頭皮がすっきりし、皮脂調整が促されます。
また、健康な頭皮へと導いてくれます。

 

※指どおりが気になる場合

クエン酸又はレモン水をお湯に溶いて、髪全体になじませると指どおりが改善されます。
別売のサウナハニー、シュガースクラブ&マスクを使ったヘアパックもおススメです

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 泡立てネットを使用すると、より豊かな泡立ちが楽しめます。
  • タオルなどにこすり付けると石けんの減りが早まりますので、泡立てネットのご使用をおすすめします。

<保管上の注意>

  • 石けんに付属の布はラトビアの特産品の麻製です。乾きやすいため、石けんの溶けやすさを和らげます。麻布の上に置く前に、石けんの水分をしっかりと振り落してください。
  • 石けんのオイル成分が付着しないよう、置き場所にご注意ください。
  • 石けんは、水分を引き寄せる性質を持つグリセリンを含むため、水がかかったり、高湿度では溶けて崩れやすくなります。使用後は石けんの水分をしっかりと切り、直射日光や高温多湿を避け、冷暗所で保管してください。
  • 別売のラトビア・ヘイズ「ひのきソープディッシュ」は、石けんを長持ちさせるため、保管におすすめです。

へちま石けん

自然のスポンジ「へちま」と石けんが一体化したアイテム。石けんを使い切った後は、へちまに別の石けんを
こすり付けて泡立てネットとして、また、石けん置きとしても活用できます。

へちま石けんの図

​<使い方>

● へちまの輪切り面
繊維が硬いのでボディ用として、ひじ、ひざ、かかとの角質ケアに。太もも、二の腕の後ろなどをマッサージしながら、ざらつきをオフ。

● へちまの側面
繊維が柔らかいので、お顔の毛穴ケアに。おでこの皮脂汚れを取り除き、爽やかなおでこ美人に。
ヘチマの繊維が小鼻の黒ずみを絡め取り、皮脂腺が多いデコルテをすっきり洗い上げ、艶めく仕上がりに。

※へちまの硬さの感じ方には個人差がありますので、使用時にはご注意ください。

<使用量の目安>

100g:全身 約1か月分(洗髪を除く)
 

<高保湿石けんの楽しい使い方>

  • 食卓ナイフで使いきりサイズにカットして、外出のお供に。
  • 洗顔用、身体用、洗髪用にフレーバーを変え、使い分けて楽しむ。
  • 目覚めの香り、お休み前の安らぎの香りなど、気分に合わせてフレーバーを選ぶ。
  • お部屋のルームフレグランスとして、クローゼット、職場のロッカーや机に置いて香りを楽しむ。
※ 置く場所に、石けんのオイル成分が付着しないようにご注意ください。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 肌に合わせて、へちまの側面と断面を使い分け、肌に強く擦りつけないようにして下さい。
  • 石けんを使い切るとへちまが残ります。スポンジや石けん置きとして利用できます。

<保管上の注意>

  • 石けんに付属の布はラトビアの特産品の麻製です。乾きやすいため、石けんの溶けやすさを和らげます。麻布の上に置く前に、石けんの水分をしっかりと振り落してください。
  • 石けんのオイル成分が付着しないよう、置き場所にご注意ください。
  • 石けんは、水分を引き寄せる性質を持つグリセリンを含むため、水がかかったり、高湿度では溶けて崩れやすくなります。使用後は石けんの水分をしっかりと切り、直射日光や高温多湿を避け、冷暗所で保管してください。
  • 別売のラトビア・ヘイズ「ひのきソープディッシュ」は、石けんを長持ちさせるため、保管におすすめです。

​シャワージェル(液体石けん)

しっとりと洗い上げるジェル状の液体石けん。手に取るたびにフレッシュなアロマが広がります。
忙しい朝のシャワーに、石けんシャンプーに、バブルバスとしてセレブ気分も楽しめる用途の広いアイテムです。
ハンドソープとして使えば、手を洗うたびにアロマで気分転換ができます。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 足元が滑りやすくなるためご注意下さい。
  • ​バブルバスとしてご利用の後は、残り湯を洗濯水や植物の水やりに使用しないでください。
  • バブルバスとしてご利用の後は、浴槽内部、循環孔のフィルターを水でよくすすいで下さい。
  • バブルバスとしてご利用の後は、浴槽の底や周りに成分の食品色素が付くことがありますので、市販の洗浄剤でよく洗い流して下さい。

<保管上の注意>

  • 容器は密封した状態で、出来るだけ早めにご使用下さい。
  • ​容器に水が入ると品質が変化する原因となるので、フタをしっかりとお締めください。

​バスボール(炭酸保湿入浴剤)

マイナス25度の極寒と乾燥の地ラトビアで育まれた知恵が詰まった入浴剤。
現地では入浴1回分として1個を使用しますが、日本でお使いの場合は気候と水質の違いから、2~3回に分けて楽しむことが出来ます。肩こり、腰痛、血行促進に効果が期待できる炭酸、発汗作用とむくみ対策の塩、しっとり保湿する植物オイルが主成分。炭酸は5分間の入浴で血流が4倍になるとも言われ、38度くらいのぬるま湯でその効果は最大に。お湯に溶けた炭酸ガスが体内に取り込まれ、新陳代謝を促し、疲れや筋肉痛を改善します。また、角質を浮かし、滑らかな肌に仕上げます。
湯面に膜を張る植物オイルがお湯を冷めにくくし、さらに湯上りにはお肌にベールを作るので、身体の保温と肌の保湿が長く持続します。髪の毛先、洗顔後の保湿ケア、ルームフレグランスとしても楽しめます。

<使い方>

  1. 2~3回に分けて使えます。ビニールの上から、かなづちや包丁の柄で叩く、またはピーラーかナイフで削ります。
  2. 割ったかけらを湯船にいれて入浴。全身浴で5~10分、半身浴で20分の入浴が最も効果的。

<使用量の目安>

1個:全身浴 湯船の中でオイルマッサージが楽しめ、発汗とともに、新陳代謝アップ。

半個:半身浴 新陳代謝を促し、疲れや筋肉痛を改善。角質を浮かし、滑らかな肌に。

3分の1個:腰浴 血流を促し、筋肉をほぐし、腰痛緩和や腰冷え改善に。

4分の1個:足湯 炭酸と塩が冷え性に、植物オイルがかかとの乾燥ケアに。

5分の1個:手湯 香りで気分転換。植物オイルが爪までしっかり保湿。

<バスボールの楽しい使い方>

発想力を高めたい時はグレープフルーツやサンライト、森林浴を楽しみたい時はフォレストデューやリンデンブロッサム、女子力を高めたいときはミレスティーバやダマスクローズ、お休み前の安らぎにはカモミールの香りなど、気分に合わせてお好きな香りをブレンドすれば、オリジナルの香りを楽しめます。フルーツの香りを合わせてフルーツカクテルの香り、お花やハーブの香りを合わせるとお花畑を思わせる香りに。
お部屋のルームフレグランスとして、クローゼット、職場のロッカーや机に置いて香りを楽しむ。
置く場所に、オイル成分が付着しないようにご注意ください。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • オイル成分を含む商品は、お湯の表面に浮いたり、足元が滑りやすくなるためご注意下さい。
  • ドライ植物が入ったバスボールをご使用の場合、湯船に広がるものがありますので、市販の排水溝ネットに入れてから湯船に入れるなど、排水時にはご注意ください。
  • 残り湯を洗濯水や植物の水やりに使用しないでください。
  • ご使用後は浴槽内部、循環孔のフィルターを水でよくすすいで下さい。
  • 浴槽の底や周りに成分の食品色素が付くことがありますのでよく洗い流して下さい。
  • バスルーム用の一般の洗浄剤で、バスルームに付着した植物オイルを落とせます。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。

<保管上の注意>

  • ビニールを外して割った後などは、湿気を取り込み膨らむことがあります。フィルムをつけたまま保管の上、速やかにご使用ください。
  • 炭酸の抜け、オイルの酸化を防ぐために、直射日光や高温多湿を避け、冷暗所で保管し、出来るだけ早めにご使用下さい。

​バスミルク(ミルク入浴剤&ミルク洗顔パック)

ミルクとコーンスターチのみのシンプル成分で手作りした入浴剤です。ラトビアの特産品であるミルクは、肌をふっくら仕上げる柔軟効果が特徴。また、少量の水分を加えて粘りをつけ、顔に優しく広げればフェイスパックに。ミルクが乾燥し始めたら湯船で洗い流し、ミルク入浴剤に。肌をすすいだ後バスミルクを手にとり、優しく顔をなでるとコーンスターチの微粒スクラブ効果で「洗うスキンケア」として楽しめます。
別売のサウナハニー・クラシカと混ぜ、もちもちパックができます。

<使い方>

入浴剤として:浴槽にお湯を溜め、バスミルクを入れ、入浴する。

パックとして:バスミルクに少量のぬるま湯を加えて練り、顔や身体にパックする。

洗顔として:顔をすすぎ、手でバスミルクを顔に優しく広げながらマッサージ。

<使用量の目安>

50g:全身浴1回分

25g:ボディパック1回分

大さじスプーン1:フェイスパック・ハンドパック・フットパック

小さじスプーン1:ミルク洗顔

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • ミルク成分が固まることがあるので、よく溶かしてお使いください。
  • ドライ植物が入ったバスミルクをご使用の場合、湯船に広がるものがありますので、市販の排水溝ネットに入れてから湯船に入れるなど、排水時にはご注意ください。
  • 残り湯を洗濯水や植物の水やりに使用しないでください。
  • ご使用後は浴槽内部、循環孔のフィルターを水でよくすすいで下さい。
  • バスルーム用の一般の洗浄剤で、バスルームに付着した植物オイルを落とせます。

<保管上の注意>

  • 湿気を取り込み膨らむことがあります。密封保管して下さい。
  • オイルの酸化を防ぐために、直射日光や高温多湿を避け、冷暗所で保管し、出来るだけ早めにご使用下さい。
  • 容器に水が入ると品質が変化する原因となるので、フタをしっかりとお締めください。

​バスソルト(塩入浴剤)

塩の発汗入浴剤。塩入浴は、年齢と共に落ちてくる新陳代謝を促し、また、むくみ対策として昔から活用されてきました。立ち仕事、長時間座ることによる血流の滞り、筋肉痛の緩和に役立ちます。
湯上り肌は、さっぱり感とツルツル感の両方を味わえます。ルームフレグランスとしても楽しめます。

<使い方>

浴槽にお湯を溜め、バスソルトを入れる。湯船に入れてから、塩が完全に溶けるまで約1分かかります。

<使用量の目安>

200ℓ当たり30g~45g(大さじ2~3):全身浴

200ℓ当たり15-25g:半身浴、腰浴

小さじ1:足湯 冷え性、、むくみ改善。全身入浴ができないときに。

小さじ半分:手湯で気分転換。肩こりの緩和や、気分を変えたい時に。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 湯船で溶かし切ってから入浴下さい。浴槽の底に溶けきる前の塩がある場合は、足で踏まないよう注意下さい。
  • ドライ植物が入ったバスソルトをご使用の場合、湯船に広がるものがありますので、市販の排水溝ネットに入れてから湯船に入れるなど、排水時にはご注意ください。
  • 残り湯を洗濯水や植物の水やりに使用しないでください。
  • ご使用後は浴槽内部、循環孔のフィルターを水でよくすすいで下さい。

<保管上の注意>

  • 容器は密封し、出来るだけ早めにご使用下さい。
  • 容器に水が入ると品質が変化する原因となるので、フタをしっかりとお締めください。

​シュガースクラブ

古い角質を取り除き、肌をなめらかにする砂糖のスクラブ。砂糖には、肌に自然に溶け込み、肌の潤いを外に逃がさないという高い浸透力、給水力、保湿力があります。また、肌のバリア機能を強化し、肌のかゆみを抑えるなど肌トラブルに活躍します。バクテリアの増殖を防ぐため、ニキビ予防にも役立ちます。
溶岩が急冷する際に噴き出したガスからできた無数の小さな穴を有する岩石の一種、軽石。古代から自然素材のスクラブとされ、古い角質を取り除く軽石を配合し、肌のざらつきをなめらかに仕上げます。

<使い方>

ボディスクラブとして
石けんでお肌を清潔に洗い、シュガースクラブをお肌の上でやさしく転がすようになじませていきます。優しくマッサージをすると水分と体温でお砂糖が溶け出し、お肌に浸透していきます。軽くすすぎ、タオルで優しくふき取って下さい。さらに保湿が必要な場合は、トリートメント・オイルジェルボディバターシアバターがおすすめです。
夜の就寝前はお肌の再生力が強まるため、使用するのにおすすめの時間帯です。

他にも、ペットの肉球ケアとして、床ずれ改善にもおすすめです。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 強くこすりつけると肌を傷つけるため、肌状態に合わせて使用下さい。皮膚の薄い箇所に使用の際は特にご注意下さい。
  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • 植物オイルにより、足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
  • バスルーム用の一般の洗浄剤で、バスルームに付着した植物オイルを落とせます。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所、夏などの気温の高い時期は冷蔵庫で保管ください。
  • フタの開封頻度が高いほど、オイル成分が酸素に触れて酸化しやすいため、開封後もフタをしっかりと締め、密封保管して下さい。
  • 容器に水が入ると品質が変化する原因となるので、使用分だけを取りだし、フタをしっかりとお締めください。
  • 手についた雑菌等で品質が変化する場合があります。スプーンやスパチュラなどで取り出して下さい。

シュガースクラブ&マスク

古い角質を取り除くスクラブや保湿パックとして、お使いいただける肌ケアアイテムです。
砂糖を主成分とし、はちみつ、アボカドやひまわり種子などの植物オイルや、植物エキスを配合した肌にやさしいスクラブ&マスクです。
スクラブは古い角質を取り除き、化粧水や美容液、保湿クリームなどの浸透を高めます。
さらにスクラブ後、そのまま肌にのせてパックすると、砂糖の保湿力により、キメ細かく、柔らかい肌に仕上がります。また、角栓が取れやすい肌に導き、毛穴が目立たちにくくなります。
 

<主成分・砂糖の効果>

砂糖には、痛みやかゆみを抑える効果があり、患部に直接塗るなど、ヨーロッパでは薬として活用された歴史があります。現在の医療現場においても砂糖を主成分とする薬は治癒力を高めるため、治療薬として利用されています。あせもを抑える、虫刺されによる傷を早く治す、身体のかゆみを軽減するなど、民間療法としても活躍しています。

保湿効果
肌に自然に溶け込み、取り込んだ潤いを外に逃がさない、という高い浸透力、給水力、保湿力を持ち、しっとりなめらかな肌に仕上げます。

肌のバリア機能を強化
継続することで、ざらつきやカサカサといった肌トラブルを改善し、肌再生を進め、くすみやたるみを軽減。肌の潤いやハリが実感できます。

肌トラブル改善
傷の細胞を活性化させて止血し、化膿を抑え、肌のかゆみや痛みを減少させる効果があり、肌トラブルの改善におすすめです。

ニキビ予防
細菌やバクテリアの繁殖に必要な水分を糖分が吸収し、バクテリアの増殖を防ぎ、にきびの予防や顔ダニの駆除にも効果があると実証されています。


<配合成分の効果>

  • はちみつ
    保湿、殺菌・抗炎症作用、抗酸化作用、皮膚の血行を良くして新陳代謝を高めます。
  • アボカドオイル
    ビタミンE・ビタミンB・ビタミンA・カリウム・たんぱく質が豊富で弾力肌へ。
  • ひまわり種子オイル
    高栄養、高保湿、老化防止、柔軟作用、抗炎症作用、肌バリア機能向上、紫外線対策、抗酸化作用によりシワ・たるみを改善。


<使い方>

フェイスパックとして
石けんで肌を清潔に洗い、シュガースクラブ&マスクをこすらずに肌に乗せます。5分以上置いた後、軽く洗い流し、タオルでやさしくふき取ります。さらに保湿が必要な場合は、エイジングケア・フェイスクリームトリートメント・オイルジェルシアバターがおススメです。

ボディスクラブとして
石けんで肌を清潔に洗い、シュガースクラブ&マスクをやさしく転がすようになじませます。やさしくマッサージすると水分と体温で砂糖が溶け出し、肌に浸透していきます。洗い流さず、そのままパック。肌に置く時間が長いほど潤いが増します。また、そのまま湯船に浸かれば、入浴剤として楽しめます。シャワーの際は軽くすすぎ、タオルでやさしくふき取ります。さらに保湿が必要な場合は、トリートメント・オイルジェルボディバターシアバターがおすすめです。
肌の再生力が強まる就寝前の使用がおすすめの時間帯です。

リップケアとして
唇を石けんで清潔に洗い、シュガースクラブ&マスクをやさしく転がすようになじませます。やさしくマッサージすると水分と体温で砂糖が溶け出し、肌に浸透していきます。洗い流さず、そのままパック。肌に置く時間が長いほど潤いが増します。軽くすすぎ、タオルで優しくふき取ります。さらに保湿が必要な場合は、リップバームシアバターがおすすめです。

頭皮ケアとして
シュガースクラブ&マスクは頭皮の乾燥やフケ、かゆみの改善と防止、白髪改善に役立ちます。
頭皮の皮脂が減り、バリア機能が失われると、髪が育ちにくくなり薄毛の原因にもなります。シュガースクラブ&マスクは頭皮の水分と脂質のバランスを整え、トラブル改善に大いに役立ちます。また、頭皮の保湿効果は育毛を促進し、バリア機能を復活させ、雑菌の繁殖を防ぎます。 
まず、ぬるま湯で頭皮の汚れをサッと洗い落とします。
その後、シュガースクラブ&マスクを軽くマッサージしながらなじませます。そのまま1~2分間ヘアパックとして置いた後、シャンプーまたはラトビア・ヘイズの石けんで洗い、リンスやトリートメントをします。


他にも、ペットの肉球ケアや床ずれ改善にもおすすめです。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 強くこすりつけると肌を傷つけるため、肌状態に合わせて使用下さい。皮膚の薄い箇所に使用の際は特にご注意下さい。
  • お顔パックに使用するときは、溶かしてお使い下さい。粒をそのままパックに使用する場合は、擦らないよう注意してお肌に乗せてください。
  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • 植物オイルにより、足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
  • バスルーム用の一般の洗浄剤で、バスルームに付着した植物オイルを落とせます。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所、夏などの気温の高い時期は冷蔵庫で保管ください。
  • フタの開封頻度が高いほど、オイル成分が酸素に触れて酸化しやすいため、開封後もフタをしっかりと締め、密封保管して下さい。
  • 容器に水が入ると品質が変化する原因となるので、使用分だけを取りだし、フタをしっかりとお締めください。
  • 手についた雑菌等で品質が変化する場合があります。スプーンやスパチュラなどで取り出して下さい。

ソルトスクラブ

極寒と乾燥の地ラトビアならではのレシピで手作りされた、高保湿のソルトスクラブ。冬マイナス20℃ともなるラトビアでは、肌のケアは美容としてだけでなく、健康を保つために男女問わず必要です。そこで、高保湿かつ美容効果の高い成分をたっぷりと配合した、このアイテムが出来上がったのです。お肌の引き締めや、優しく古い角質を取り除く微粒のお塩と、高栄養の保湿オイル成分が、いつまでも触れていたくなるような滑らかで潤いのあるお肌へと導きます。

<ストーリー>

当店のオーナーがラトビアで独自に見つけてきた、一般店舗で販売されない貴重なスクラブです。様々な交渉や規制をクリアし、日本のためだけに個包装を実現。日本初上陸を果たしました。各国からお客様が通うラトビアの高級エステサロンでは、リピート率の高い人気のアイテムです。また、旧ソビエト時代から続く総合医療機関の一つ「チェメリ・リハビリテーションセンター」でも使用されるなど、その実用性はドクターの間でも好評です。

<保湿オイル成分>

  • グレープシードオイル
    必須脂肪酸やビタミンE、ポリフェノールのように抗酸化力に優れた成分が豊富で、引き締め作用もあるため、加齢により起きやすいシワやたるみ肌に役立つオイル。肌の質感を柔らかくし、有用成分や水分をしっかりと閉じ込めるため、弾力、うるおいのある肌を維持することに役立ちます。
  • アーモンドオイル
    皮膚を柔らかくし、水分や栄養分を肌の中に閉じ込めるエモリエント効果のある保湿オイル。メラニン細胞を作るメラノサイトの育成を抑え、メラニンを黒くするチロシナーゼのいう酵素の働きも抑制し、美白に活躍。痒みや湿疹を緩和、乾燥を抑える作用があります。表皮下の真皮まで作用することで知られ、時間をかけてマッサージをすると効果的。低刺激のため、敏感肌や赤ちゃんにもよく使われるオイルです。
  • セサミオイル(ゴマ油)
    豊富なビタミン、ミネラルを含むゴマから抽出されるオイル。ゴマ油のセサミノール、セサミンは高い抗酸化作用があり、シミやシワを防ぐなどのエイジングケアに活躍するオイル。皮膚を通じて吸収されるゴマ油の中の抗酸化物質の効能によって、体にたまった脂肪や毒素を落とし、体外へ排出する効果が期待できます。肌に乗せてマッサージすると、皮膚から吸収されて血行を促し、代謝もアップ。冷え性・血行障害からくる肩こりでお悩みの方にオススメです。また、ゴマ油の抗菌作用は肌の免疫力アップに役立ちます。
  • アブラナシードオイル(菜種油)
    アブラナシードオイルに含まれるビタミンCはコラーゲンの生成やメラニン色素の生成抑制など美肌・美白において必要不可欠な存在です。またβ‐カロテンは体内でビタミンAに変換されることで皮膚の粘膜を形成するのを助け、肌の角質化を防ぐ・乾燥肌の防止など肌のキメを整えることにも貢献してくれます。
  • ワセリン
    皮膚をしっかりとコーティングして、水分が蒸発しないように守る成分です。

< 美容成分 >

  • オレイン酸
    肌なじみが良く、高保湿。高い抗酸化力で、肌の老化防止として評価の高い成分です。
  • リノール酸
    肌なじみが良く、角質からの水分蒸発を防ぎ、肌を柔らかくするため、エイジングケアにおすすめです。また、抗炎症作用も持ち、皮膚のバリア機能を高めることに役立ちます。

<ご使用方法>

石けんで全身を洗った後、適量を取り、ざらつきや古い角質が気になる部分を優しくなでながらスクラブ。オイルを全身になじませた後、軽くシャワーで流します。お肌に残るオイル成分が水分を抱き込んでベールとなり、スクラブ後の保湿クリームの役割をします。シャワーで流さず、湯船に浸かりながらマッサージをすると、湯船に落ちたスクラブがオイル・ソルトバスとなり、入浴剤の代わりにもなります。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • 強くこすりつけると肌を傷つけるため、肌状態に合わせて使用下さい。皮膚の薄い箇所に使用の際は特にご注意下さい。
  • ソルトスクラブ「アンバー」に配合された琥珀粒は、肌に使う用途で顆粒状にしていますが、肌を傷つけないようご注意ください。
  • 肌のツヤを演出するための煌めき成分が、洋服などに付着する場合があるので、取扱いにご注意ください。
  • 植物オイルにより、足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
  • バスルーム用の一般の洗浄剤で、バスルームに付着した植物オイルを落とせます。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所、夏などの気温の高い時期は冷蔵庫で保管ください。
  • フタの開封頻度が高いほど、オイル成分が酸素に触れて酸化しやすいため、開封後もフタをしっかりと締め、密封保管して下さい。
  • 容器に水が入ると品質が変化する原因となるので、使用分だけを取りだし、フタをしっかりとお締めください。
  • 手についた雑菌等で品質が変化する場合があります。スプーンやスパチュラなどで取り出して下さい。

サウナハニー

ラトビアの森の野草から採れる「100%はちみつ成分」の自然の保湿アイテムです。
洗顔、フェイスパック、ヘアパック、入浴剤として、乾燥によるダメージ肌をみずみずしく甦らせてくれます。はちみつには保湿だけでなく、殺菌・抗炎症作用、抗酸化作用があり、お肌を清潔にします。また、皮膚の血行を良くして新陳代謝を高めるため、老化防止にも役立ちます。

サウナハニーの誕生は、極寒と厳しい乾燥気候のラトビア。ラトビアでは、生活の中に「サウナ文化」と「ハチミツ美容・健康法」があります。サウナでは、発汗後の肌に直接はちみつを塗ることから「サウナハニー」と呼ばれます。発汗で開いた毛穴から浸透させて保湿し、厳しい気候から肌を守ります。友人、恋人、家族とサウナを楽しむ際に、自分好みのサウナハニーを持っていきます。体調に合わせて白樺やオークの葉枝で身体をたたいて血行を促進します。伝統サウナでは、邪悪なものを体外から出す儀式として、たたくことで精神まで清めると言われています。サウナ以外にもさまざまな使い方を楽しめ、いつも手元に置いておきたいアイテムです。

​<使い方と使用量の目安>

フェイス・ボディパックとして:石けんで洗ったお肌に優しく広げ、そのまま5分以上置きます。ぬるま湯ですすぐ、または、湯船で落として、はちみつ風呂に。

ヘアパックとして:洗髪後、頭皮と毛先にもみ込み、蒸しタオルやヘアキャップで包み込み5分。ぬるま湯ですすぎ、リンスやトリートメントで整えます。

入浴剤として:湯船にサウナハニー大さじ2-3杯を入れて混ぜる。バスボールやバスソルトに加えると保湿力が増し、殺菌効果で肌を清潔にします。

洗顔として:泡立てネットにティースプーン半分の量のサウナハニーを乗せ、石けんをつけて泡立てます。

クレンジングとして:サウナハニーとオリーブオイルを混ぜ、洗顔前にマッサージしながらメイクを落とす。

保湿スクラブとして:スクラブによく混ぜ合わせ、気にある部分をマッサージ。滑らかな肌に仕上がります。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • 足に塗った直後は、足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所、夏などの気温の高い時期は冷蔵庫で保管ください。
  • フタの開封頻度が高いほど、オイル成分が酸素に触れて酸化しやすいため、開封後もフタをしっかりと締め、密封保管して下さい。
  • 容器に水が入ると品質が変化する原因となるので、使用分だけを取りだし、フタをしっかりとお締めください。
  • 手についた雑菌等で品質が変化する場合があります。スプーンやスパチュラなどで取り出して下さい。

リップバーム

極寒と乾燥の地ラトビアで生まれた濃厚保湿力が集約されたリップケア・アイテムです。シアバター、ミツロウ、ダイズ由来成分、レシチン、ヒマワリオイル、ビタミンEをブレンド。アイケア、指先ケアにも応用でき、バッグに常に入れておきたい優れたアイテムです。濃い密着感で長時間うろおいを保ち、塗り直しの回数が少ないリップケアとして好評です。

<配合成分の効果>

  • シアバター
    傷や火傷の治療目的、筋肉痛、リュウマチ、白髪、脱毛予防などに、万能薬として利用される植物バター。保湿力と豊富な栄養で、シワや老化を防ぎ、弾力とツヤのある健康的な肌作りに役立ちます。
  • ミツロウ
    肌の炎症や切り傷、やけどの処置など、民間療法に利用さてた歴史を持ち、炎症を抑えて保湿します。また、抗菌性・防水性に優れています。
  • ダイズ由来成分
    柔肌エモリエント効果で、キメを整え肌弾力を高めます。
  • レシチン
    "肌のバリア機能を向上させて保湿し、皮膚の細胞を活性化して老化を防止。
  • ひまわりオイル
    必須脂肪酸であるオレイン酸やリノール酸、ビタミン類(A、D、E)、ミネラル類(カルシウム、鉄、亜鉛、リン、カリウムなどを含み、お肌に栄養を与えます。

<使い方と使用量の目安>

唇の乾燥が気になる時に塗ります。お休み前のアイケアとしてもおすすめです。乾燥に応じて使用量を調整して下さい。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所で保管下さい。
  • フタの開封頻度が高いほど、オイル成分が酸素に触れて酸化しやすいため、開封後はフタをしっかりと締め、密封保管して下さい。

トリートメント・オイルジェル

極寒と乾燥の地ラトビアならではのレシピで手作りされた、高保湿のトリートメント・オイルジェル。冬マイナス20℃ともなるラトビアでは、肌のケアは美容としてだけでなく、健康を保つために男女問わず必要です。そこで、高保湿かつ美容効果の高い成分をたっぷりと配合した、このアイテムが出来上がったのです。手に取ると滑らかで伸びがよく、肌なじみと仕上がりにこだわり、いつまでも使い続けたくなるアイテムに仕上げました。お風呂上りなどの水分の多い肌に塗ると、保湿効果が一層高まります。

<ストーリー>

当店のオーナーがラトビアで独自に見つけてきた、一般店舗で販売されない貴重なトリートメント・オイルジェルです。様々な交渉や規制をクリアし、日本のためだけに個包装を実現。日本初上陸を果たしました。各国からお客様が通うラトビアの高級エステサロンでは、リピート率の高い人気のアイテムです。また、旧ソビエト時代から続く総合医療機関の一つ「チェメリ・リハビリテーションセンター」では、痩身外科手術の後に起きる「たるみ肌」のケアに使用されるなど、その実用性はドクターの間でも好評です。

<使い方>

  • お風呂上りの濡れた肌に適量を取り、全身に保湿ケアオイルとして。ボトルワンプッシュで女性の両足分。
  • たっぷりと手に取り、マッサージオイルとして。
  • オイルを塗ったまま湯船につかり、お湯の中でのマッサージオイルとして。
  • ヘアーオイル、頭皮のマッサージオイルとして。
  • 湯船に落として、バスオイルとして。
  • 手洗いの後に少量手に取り、ハンドオイル、ネイルオイルとして。
  • 煌めき成分配合のフレーバーは、デコルテや腕、脚などに塗り、華やかな肌を演出するボディオイルとして。

<保湿オイル成分>

  • グレープシードオイル
    必須脂肪酸やビタミンE、ポリフェノールのように抗酸化力に優れた成分が豊富で、引き締め作用もあるため、加齢により起きやすいシワやたるみ肌に役立つオイル。肌の質感を柔らかくし、有用成分や水分をしっかりと閉じ込めるため、弾力、うるおいのある肌を維持することに役立ちます。
  • アーモンドオイル
    皮膚を柔らかくし、水分や栄養分を肌の中に閉じ込めるエモリエント効果のある保湿オイル。メラニン細胞を作るメラノサイトの育成を抑え、メラニンを黒くするチロシナーゼのいう酵素の働きも抑制し、美白に活躍。痒みや湿疹を緩和、乾燥を抑える作用があります。表皮下の真皮まで作用することで知られ、時間をかけてマッサージをすると効果的。低刺激のため、敏感肌や赤ちゃんにもよく使われるオイルです。
  • セサミオイル(ゴマ油)
    豊富なビタミン、ミネラルを含むゴマから抽出されるオイル。ゴマ油のセサミノール、セサミンは高い抗酸化作用があり、シミやシワを防ぐなどのエイジングケアに活躍するオイル。皮膚を通じて吸収されるゴマ油の中の抗酸化物質の効能によって、体にたまった脂肪や毒素を落とし、体外へ排出する効果が期待できます。肌に塗布しマッサージすると、皮膚から吸収されて血行を促し、代謝もアップ。冷え性・血行障害からくる肩こりでお悩みの方にオススメです。また、ゴマ油の抗菌作用は肌の免疫力アップに役立ちます。
  • アブラナシードオイル(菜種油)
    アブラナシードオイルに含まれるビタミンCはコラーゲンの生成やメラニン色素の生成抑制など美肌・美白において必要不可欠な存在です。またβ‐カロテンは体内でビタミンAに変換されることで皮膚の粘膜を形成するのを助け、肌の角質化を防ぐ・乾燥肌の防止など肌のキメを整えることにも貢献してくれます。
  • ワセリン
    皮膚をしっかりとコーティングして、水分が蒸発しないように守る成分です。

<美容成分>

  • オレイン酸 
    肌なじみが良く、高保湿。高い抗酸化力で、肌の老化防止として評価の高い成分です。
  • リノール酸
    肌なじみが良く、角質からの水分蒸発を防ぎ、肌を柔らかくするため、エイジングケアにおすすめです。また、抗炎症作用も持ち、皮膚のバリア機能を高めることに役立ちます。
  • レチノール酸  ※ 配合されていないフレーバーがございます。
    角質を取り除きながらターンオーバーを促し、細胞を再生する力もあるとも言われています。肌の奥にあるメラニンを排泄させるので、シミ対策の根本的な治療にも使われています。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • 植物オイルにより、足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。
  • 肌のツヤを演出するための煌めき成分が、洋服などに付着する場合があるので、取扱いにご注意ください。
  • ディスペンサー(ポンプ)を差し込む前に、容器を軽く振ってください。
  • バスルーム用の一般の洗浄剤で、バスルームに付着した植物オイルを落とせます。
  • 黒斑点の混入物がみられる場合がありますが、成分の一部です。
  • 気温により、成分の一部が固まり浮遊する場合がございます。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所、夏などの気温の高い時期は冷蔵庫で保管ください。
  • ディスペンサー(ポンプ)の先が酸素に触れることで、オイル成分が酸化することがあります。できるだけ早くご使用下さい。
  • 容器に水が入ると品質が変化する原因となるので、密封してご利用下さい。

​シアバター

ステンダース独自の製法により、シアバター100%で作られています。お肌を保湿することで、シワ予防や、皮膚の再生とお肌の代謝を高めます。また、抗酸化作用からエイジングケアに役立ちます。
密度の濃い保湿剤であるため、ピンポイントで保湿をしたい箇所におススメです。アイケアとして目元の保湿に、顔や唇、手先、整髪料としても活躍します。
無香料・無着色・無鉱物油・ であるため、料理人、パティシエ、美容師、看護師や病院従事者、ペットケア関係者などハンドクリームを使いづらい環境にある方に人気です。シアバター独特の香りを脱臭し、手に取りやすく伸びの良い品質に仕上げています。

<使い方と使用量の目安>

石けんで洗った清潔な肌に塗ります。乾燥に応じて使用量を調整下さい。

目元・リップケアとして:米粒1つ分程度、ふっくらとした潤いのある目元、唇へ。

顔の保湿マッサージクリームとして:米粒2つ分程度でリンパマッサージをしながら保湿。

ハンドクリームとして:米粒2つ分程度でべたつかず、傷の治りを早める作用も。

ヘアークリームとして:ぱさつく毛先に。まとまりのある髪へ。

花粉症対策に:綿棒で米粒半分程度をすくい、鼻の穴の内側に塗ります。外からの花粉の侵入を防ぎ、鼻周りの乾燥を防ぎます。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • 足に塗った直後は、足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所で保管ください。
  • フタの開封頻度が高いほど、オイル成分が酸素に触れて酸化しやすいため、開封後もフタをしっかりと締め、密封保管して下さい。
  • 手についた雑菌等で品質が変化する場合があります。スプーンやスパチュラなどで取り出して下さい。

​ボディバター

植物オイルと植物バターを主成分とした、濃厚な保湿剤です。極寒と乾燥の地で考え抜かれたレシピ。ボディだけでなく指先ケア、髪の毛先ケア、マッサージオイルとしても使えます。整髪料として、髪をまとめるとミツロウが髪にツヤを与えてくれます。少量で伸びがよいため、使い過ぎにご注意下さい。

<配合成分の効果>

  • シアバター
    傷や火傷の治療目的、筋肉痛、リュウマチ、白髪、脱毛予防などに、万能薬として利用される植物バター。保湿力と豊富な栄養で、シワや老化を防ぎ、弾力とツヤのある健康的な肌作りに役立ちます。
  • アーモンド油
    肌を柔らかくするオレイン酸を含み、保湿、肌の炎症抑えます。また、高い抗酸化作用を持ち、若返りのビタミンと呼ばれるビタミンEや、皮膚や粘膜を正常に保つ働きを持つビタミンB2を含むので、髪や肌へのマッサージにも。
  • ホホバオイル
    紫外線や熱による乾燥肌に、ハリと潤いを与えます。不要な角質を柔らかくし、毛穴に詰まった汚れなどを浮かすクレンジング作用。頭皮の乾燥によるフケやかゆみなどヘアケアにも優れます。
  • マンゴーバター
    肌の柔軟効果、保湿、肌の再生促進に優れます。
  • ミツロウ
    肌の炎症や切り傷、やけどの処置など、民間療法に利用さてた歴史を持ち、炎症を抑えて保湿します。また、抗菌性・防水性に優れています。

<使い方と使用量の目安>

石けんで洗った清潔な肌に塗ります。乾燥に応じて使用量を調整下さい。

保湿として:顔の保湿は米粒1つ分を目安に、範囲に合わせて適量を拡げます。

クレンジングとして:洗顔前に米粒2つ分程度の量を肌に広げてマッサージし、メイクを浮かした後、洗顔します。

頭皮クレンジングとして:洗髪前に、小さじスプーン1程度を頭皮に広げてマッサージし、汚れを浮かせて洗髪します。

整髪料として:米粒1つ分程度を手に広げ、一カ所に固まらないよう薄く延ばして付け、髪を整えます。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • 足に塗った直後は、足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所で保管ください。
  • フタの開封頻度が高いほど、オイル成分が酸素に触れて酸化しやすいため、開封後もフタをしっかりと締め、密封保管して下さい。
  • 手についた雑菌等で品質が変化する場合があります。スプーンやスパチュラなどで取り出して下さい。

ボディヨーグルト

寝ている間にふっくら肌を作る、洗い流さないボディ用ヨーグルトパック。ヨーグルトに含まれる「ホエイ」という成分は古くい角質を取り除き、皮膚に弾力をもたらします。抗酸化作用を持ち、肌を弱酸性に保ちます。また、肌の再生を促し、美白作用があるため、日焼けの後のケアにおすすめです。

ヨーグルトエキスは、優しいピーリング作用で肌のターンオーバーの働きを助け、紫外線によるダメージ肌、肌荒れ・シワを改善し、保湿しながらふっくら美肌をつくります。

暑い日は冷蔵庫に保存しておくと、使用時にヒンヤリ感を楽しめます。

<配合成分の効果>

  • ヒマワリ種子油
    高栄養、高保湿により乾燥で固くなった肌を柔らくし、シワやたるみの改善に。肌バリア機能を高めます。
  • ベジタブルオイル
    パーム油、パーム核油、ヤシ油、アブラナ種子油を素原料として作られた、天然由来成分で高保湿、肌の水分蒸発防止をする軽く滑らかなオイル。
  • アマナズナ種子油(カメリーナオイル)
    抗酸化作用のあるビタミンEやβ-カロテン、ポリフェノールを踏み、肌を柔らかくしながら、老化防止が期待できます。

<使い方と使用量の目安>

石けんで洗った清潔な肌に塗ります。乾燥に応じて使用量を調整下さい。

ボディパックとして:適量をマッサージしながら広げます。

ハンドバックとして:小さじスプーン半分程度を塗り、綿手袋をして一晩置けばふっくら白肌に。

フットパックとして:小さじスプーン1程度を塗り、綿靴下を履き一晩置けば、柔らかな弾力のある足に。

「全商品に共通する使用、品質、保管上の注意」をお読み頂き、加えて下記にご注意ください。

<使用上の注意>

  • 傷口や粘膜部分には使用しないでください。
  • 足に塗った直後は、足元が滑りやすくなるのでご注意ください。
  • 肌に残る植物オイルの量が多いと感じた場合は、使用量を減らしてください。

<保管上の注意>

  • 高温多湿を避け、遮光冷暗所で保管ください。
  • フタの開封頻度が高いほど、オイル成分が酸素に触れて酸化しやすいため、開封後もフタをしっかりと締め、密封保管して下さい。
  • 手についた雑菌等で品質が変化する場合があります。スプーンやスパチュラなどで取り出して下さい。