ステンダースの故郷バルト三国ラトビア

豊かな自然が残るラトビア

北ヨーロッパに位置するラトビアには森や湖など自然溢れる場所がたくさんあります。
手つかずの自然環境には野生動物が生息し、さまざまなハーブや果実が豊富です。
大自然に加え、ラトビアには文化的遺産が現存し、首都リガなどが世界遺産に登録されています。

暖かい季節になると、ラトビアの森ではきのこやベリーを見つけることができます。
リンデンブロッサム(西洋菩薩樹)やカウスリップ(黄花九輪桜)などハーブティーに使用する ハーブも豊富。
冬が長いラトビア人にとって森の散策は楽しみのひとつです。

ラトビアの風景

ラトビアから届いた風景をご紹介しています。

春の風景(4月~5月)

夏の風景(6月~8月)

暖かくなると郊外の公園には野生の白鳥と黒鳥がたくさん訪れます。
夏の気温は約24度。ラトビア人はこれぐらいの気温でも湖で泳ぎます。

秋の風景(9月~11月)

冬の風景(12月~3月)

ラトビアの冬の平均気温はマイナス6度。
寒い日にはマイナス24度になることもあり、草木も凍る銀世界が広がります。

動画のご紹介

The origin of the Brand. Latvia

ステンダースの生まれ故郷「ラトビア」をご覧いただけます。

Cranberry story by STENDERS

当店の石けん「クランベリー」は、ラトビアの大自然から生まれています。

Expert in bathing rituals

ステンダースのバスタイムをご覧いただけます。

ラトビア基本情報

国名 ラトビア共和国
国旗
建国 1918年11月18日
面積 64,589平方キロメートル
人口 2,249,000人(2008年)
首都 リガ
公用語 ラトビア語
通貨 ラッツ
主要都市 ダウガウピルス(Daugavpils)、エルガワ(Jelgava)、ユールマラ(Jurmala)、リエパーヤ(Liepaja)、レーゼクネ(Rezekne)、ヴェンツピルス(Ventspils)

ラトビア情報ご紹介リンク