みつろうキャンドルは、アレルギーのもとになるウイルス、カビ、
ダニ、花粉、PM2.5、建材から発する有害物質、排気ガス、
チリなどを包み込み、花粉症や喘息などのアレルギー反応の改善に
役立つと言われ、昔から民間療法として使われきた歴史があります。
お風呂で灯すと水蒸気にミツロウの成分とプロポリスの成分が混じり、
それを吸入することで鼻のつまりや目のかゆみ・ぜんそくが改善する、
という自然療法があります。子供たちの部屋に灯し、
その効果にマザーテレサも驚いたといいます。
品質にこだわるラトビアの養蜂家ヤーニスさんの
キャンドルです。

1 空気清浄

空気中のハウスダスト、花粉、PM2.5などを吸着して床に落とし、空気を浄化することから天然の空気清浄器の異名を持ちます。バクテリアやウィルスなどの空気中の不純物を減退させ、たばこの匂いや部屋のこもった臭いを抑えます。ほのかなハチミツの香りが広がります。

2 花粉症対策

プロポリスを含む炎が、空気中の不純物を減退。キャンドルから放たれるプロポリスを吸引することで、花粉症、鼻づまり、喘息など呼吸器系のトラブルに有効という臨床研究もあります。

3 ゆらぎ効果

炎がゆらぐリズムは、心臓の鼓動と同じ。
見つめることでリラックス。
左右の脳のバランスを調整し、アイデア・企画力アップに役立ちます。

ゆらぐキャンドルの炎でリラックスバスタイム。

ラトビアの養蜂家ヤーニスさん作る、みつろうキャンドルは炎が大きいのが特徴です。
なので、バスルームの明かりを消すと、湯気とともに幻想的な空間を楽しめます。

— ヤーニスさんのキャンドル工場を見学してきました —

養蜂場を経営する社長ヤーニスさんは、みつろうキャンドルについて話すと止まりません!大きなみつろうの塊を見せてくれながら、「その都度の気候で花の育ち方や栄養素によって、また、ミツバチの動く範囲によって変化する要素がたくさんあるので、原料となるみつろうには、これだけの色の幅があるんです。それをコントロールするのは至難の業。だけど私は、できるだけ同じ色になるようにこだわっています。」
語りながら、その腕にはミツロウの塊が。

「キャンドルに輝きと保存性を持たせるために、自然素材を使ったニスを塗っています。ニスを塗らないメーカーもありますが、ほら、私のキャンドルは光沢が美しいでしょう!変色も防ぐので、飾っていても美しいんですよ。」
私は夢中でメモを取りました。

「みつろうキャンドルを選ぶときには、注意して下さい。パラフィンなどを混ぜ、同じ名前で売られていることがあるんですよ。私のキャンドルは、みつろう100%だから、ほら、香りがぜんぜん違います。良い香りでしょう!」 誇らしげに語るヤーニスさん。

製造現場をくまなく見せてくれる誠実さ、そして、彼にとっては外国語である英語の合間に、思わずラトビア語が飛び出すほど、一生懸命伝える情熱的な姿勢に信頼を感じ、日本の皆様に紹介しようと決意しました。

ラトビア・ヘイズ・オーナー 谷本瑞絵

ゆらぐ炎が、自律神経を整えてリラックス。

当店のみつろうキャンドルは、ミツロウ100%の手作りです。ミツロウを石油系パラフィンに少し配合して、「みつろうキャンドル」と名付けることも多い、と話すのは養蜂家のヤーニスさん。炎が大きいのがヤーニスさんのキャンドル。炎の揺らぎは、リラックス効果が抜群です。

年末に追い込み過ぎたら、バスボールとキャンドルでちょっと一休み。

当店の極暖バスボールは、全身を温めて血流を改善しながら、ほっこりとさせてくれます。38度〜39度くらいで約20分の入浴がおすすめです。湯上りはボディクリームいらずの保湿力。贈り物にも喜ばれますよ。

お気に入りの商品を見つける

  • ギフトを見つける
  • 商品から見つける
  • 使い方から見つける
  • 香りから見つける
  • 色から見つける
  • 由来から見つける
  • 金額から見つける
  • ブランドから見つける
  • 当店のおすすめ
  • 初めての方におすすめ
  • 男性におすすめ

このページのトップへ戻る